かつうら海中公園に隣接した海の博物館に行ってみる

公開日: : お出かけ, 千葉, 子供と楽しめる, 水族館, 関東

かつうら海中公園のと駐車場共同ですぐ隣

ツチクラゲの骨格標本

先日、お茶の間ゲストハウスに宿泊の次の日、近くにある「千葉県立中央博物館 分館 海の博物館」へ行ってきました。

かつうら海中公園も行き先として検討しましたが、当日は海が荒れていて、海中の視界はほとんどないだろうとの予測でお金もかかるし、今回はパス。

かつうら海中公園のホームページを見ると、海中透明度情報が毎日更新されているので参考にされるとよいと思います。ちなみに後からみたらその日は海中透明度2mでした(笑)

夏休み特別企画「フグ・ふぐ大集合」

昔懐かしいフグのちょうちん

まず屋内に入るとフグに関する企画展が行われていました。企画展については、パンフレットを見ると数ヶ月単位で変わっているようです。

意外と知らなかったのが、お酒のおつまみにもよくあうカワハギや、あのおっとりとしたマンボウなどもフグの仲間らしいです。また、よく昔旅館などにいくと吊り下げてあったハリセンボンの提灯みたいなのもあり、ほっこりした気分になります(笑)

余談ですが、小さい頃からカワハギを天日干しした干物が大好きで、よく親と一緒にあぶって食べてました。地元ではハゲの干物って呼んでましたよ。

海のミステリーサークル

また、海の中にミステリーサークル的なものを作るのも小さなフグの仕業らしいです。小さいスペースながらもフグに関する様々な情報が満載な展示です。

あの生物の貝殻真っ二つにしたらどうなる!?

貝殻の断面

個人的に面白かったのが、貝殻を真っ二つにした断面の展示。単純に空洞になっているのかと思っていたら、意外とフラクタルな様子の構造。いろんなものの断面図を見るのが今後楽しくなりそうです。

千葉の房総の海に関する展示が多い

海の博物館をとりまく自然 鳥たち

千葉県立の海の博物館ということあるのか、房総半島、海の博物館の周りの生物に関する展示や映像が多かったです。千葉に住んでる小学生の自由研究の題材などには規模も手ごろでいいのではないでしょうか。

詳しくはホームページで

千葉県立中央博物館分館 海の博物館 外観

千葉県立中央博物館 分館 海の博物館
http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU

駐車料金2時間まで200円以後1時間ごとに100円、入場料は一般200円、大学高校生100円、中学生以下無料と比較的安価な料金なのでお近くにお立ち寄りの際は立ち寄ってみるのもいいと思います。また、見学所要時間はそこそこじっくり見て1時間前後だと思います。

※料金に関しては2014年8月現在、正確な情報はホームページをご覧ください。

adsense

関連記事

明治神宮

明治神宮

東京に15年、はじめての参拝 東京に住まいを構えてからもう15年、今まで行ったことない

記事を読む

砂の城

砂のお城を本気の大人が作ってみる

子供だましじゃない本当にお城っぽい 数年前の夏に砂のお城をつくる会の方と一緒に砂のお城

記事を読む

赤福本店で赤福を食べて、おかげ横丁でお祭り気分。

いつも賑わいを見せている「おかげ横丁」 伊勢神宮内宮へのお参りの際、定番の赤福本店と、

記事を読む

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立ち寄る機会があったので名古屋市

記事を読む

JR常磐線特急ときわ車窓から見た景色

新しいJR常磐線特急「ときわ」に乗ってみた。

新しくなったJR常磐線「ときわ」に乗ってみた。 国立ひたち海浜公園にネモフィラを見に行

記事を読む

千本鳥居の伏見稲荷大社

千本鳥居で有名な伏見稲荷 昨年の夏、京都大作戦という10FEETというアーティストが主

記事を読む

TeNQ

オープンから1周年!宇宙ミュージアムTeNQを再び体験してきた。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)はオープンから一周年! 約1年前のオープンすぐに

記事を読む

企画展「TeNQ×ウルトラマン」に変更を機に再びTeNQ(テンキュー)へ。

企画展の変更に伴い再度TeNQ(テンキュー)へ オープン当初からの企画展が終わり、初代

記事を読む

高尾山に登ってみる。

都心から気軽に行ける高尾山を登ってみる 高尾山は首都圏で軽め登山を試したい方やトレイル

記事を読む

NUKUJI_NOOK

猫のあみぐるみ「ぬくじ」に囲まれてホッとした時間をcafe nookで過ごす。

cafe ぬっくじ☆みたび 2014年に開催されたこの記事で取り上げている『cafe

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑