かつうら海中公園に隣接した海の博物館に行ってみる

公開日: : お出かけ, 千葉, 子供と楽しめる, 水族館, 関東

かつうら海中公園のと駐車場共同ですぐ隣

ツチクラゲの骨格標本

先日、お茶の間ゲストハウスに宿泊の次の日、近くにある「千葉県立中央博物館 分館 海の博物館」へ行ってきました。

かつうら海中公園も行き先として検討しましたが、当日は海が荒れていて、海中の視界はほとんどないだろうとの予測でお金もかかるし、今回はパス。

かつうら海中公園のホームページを見ると、海中透明度情報が毎日更新されているので参考にされるとよいと思います。ちなみに後からみたらその日は海中透明度2mでした(笑)

夏休み特別企画「フグ・ふぐ大集合」

昔懐かしいフグのちょうちん

まず屋内に入るとフグに関する企画展が行われていました。企画展については、パンフレットを見ると数ヶ月単位で変わっているようです。

意外と知らなかったのが、お酒のおつまみにもよくあうカワハギや、あのおっとりとしたマンボウなどもフグの仲間らしいです。また、よく昔旅館などにいくと吊り下げてあったハリセンボンの提灯みたいなのもあり、ほっこりした気分になります(笑)

余談ですが、小さい頃からカワハギを天日干しした干物が大好きで、よく親と一緒にあぶって食べてました。地元ではハゲの干物って呼んでましたよ。

海のミステリーサークル

また、海の中にミステリーサークル的なものを作るのも小さなフグの仕業らしいです。小さいスペースながらもフグに関する様々な情報が満載な展示です。

あの生物の貝殻真っ二つにしたらどうなる!?

貝殻の断面

個人的に面白かったのが、貝殻を真っ二つにした断面の展示。単純に空洞になっているのかと思っていたら、意外とフラクタルな様子の構造。いろんなものの断面図を見るのが今後楽しくなりそうです。

千葉の房総の海に関する展示が多い

海の博物館をとりまく自然 鳥たち

千葉県立の海の博物館ということあるのか、房総半島、海の博物館の周りの生物に関する展示や映像が多かったです。千葉に住んでる小学生の自由研究の題材などには規模も手ごろでいいのではないでしょうか。

詳しくはホームページで

千葉県立中央博物館分館 海の博物館 外観

千葉県立中央博物館 分館 海の博物館
http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU

駐車料金2時間まで200円以後1時間ごとに100円、入場料は一般200円、大学高校生100円、中学生以下無料と比較的安価な料金なのでお近くにお立ち寄りの際は立ち寄ってみるのもいいと思います。また、見学所要時間はそこそこじっくり見て1時間前後だと思います。

※料金に関しては2014年8月現在、正確な情報はホームページをご覧ください。

adsense

関連記事

fontlovers

フォント好きな人のためのイベントFontLovers #1に参加してきました。

FontLovers #1に参加してきました。 なかなかレポートが書けなくて、もう昨年のことに

記事を読む

那珂湊おさかな市場

都心から1時間ちょっと那珂湊おさかな市場でお得に海の幸を楽しむ。

東京からも1時間半前後で行ける那珂湊おさかな市場 都内からでも120キロ前後で高速道路

記事を読む

忍野八海

忍野八海(おしのはっかい)

富士山のふもとの湧水池 河口湖の近くに泊まった後、時間があったので忍野八海(おしのはっ

記事を読む

大谷資料館

神秘的で巨大な地下空間、大谷資料館

まるでRPGのダンジョン!?大谷資料館 宇都宮の近くにある大谷石地下採掘場跡にある大谷

記事を読む

TOKYO SKYTREE

ゴールデンウィーク・子供の日、東京スカイツリーで鯉のぼり写真

子供の日に東京スカイツリータウンで写真を撮ってきました。 最近、重たい記事が多いので、

記事を読む

イルミネーション

イルミネーションが溢れる季節、カメラで光をつかまえてみる。

街中・商業施設・観光施設がイルミネーションで溢れる季節 クリスマスに向けて、11月にな

記事を読む

水族館巡り

水族館巡り

水族館が好き 僕は県の職員として漁政課に勤めてる父の元で育ったせいなのか、水族館が好きで小さい

記事を読む

たまには別の道

たまには別の道を通ってみる

最寄り駅まで回り道してみる いつもより15分早く家を出て、少し遠回りになっても他の道を

記事を読む

no image

世界淡水魚園水族館アクア・トト岐阜

全国でもめずらしい淡水魚専門の水族館 アクア・トト岐阜は岐阜県各務原市の河川環境楽園内にある全

記事を読む

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社と藤棚

日本三大稲荷!?の笠間稲荷へ この記事を書くにいたって笠間稲荷に宣伝文句に日本三大稲荷

記事を読む

adsense

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

赤福本店で赤福を食べて、おかげ横丁でお祭り気分。

いつも賑わいを見せている「おかげ横丁」 伊勢神宮内宮への

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑