日比谷図書文化館で気軽にアート雑誌を楽しむ。

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 東京, 関東 , , ,

日比谷図書文化館はアート系の書籍・雑誌が充実した図書館

千代田区立日比谷図書文化館 外観

千代田図書館に引き続き、仕事や勉強をするスペースが提供されている日比谷文化図書館に行ってきました。
日比谷公園の中にある図書館ということで、窓から見える景色も緑が多くて心地よい空間です。

今回は、本来の目的ではなかった充実したアート系の資料の紹介と、来訪当初の目的であったビジネスや勉強利用に関しての感想などをお伝えしようと思います。

その他にアート関係の作品が充実した図書館としては、東京都現代美術館内にある図書館がアート関係の資料が充実しています。以前に東京都現在美術館(MOT)に立ち寄った際に、図書館のフロアに立ち寄らなかったのが今となっては残念です。

次回、ほかの展示を見に行った際にでも、立ち寄った際にでものぞいてこようと思います。

館内で閲覧できるアート雑誌たち

施設の名称に「文化」という文字が入っている名の通り、アート系の雑誌や書籍の蔵書が他の図書館に比べてたくさんございます。

今までに私の訪問した一般的な図書館では、アート・写真関連の雑誌といえば、芸術新潮アサヒカメラ日本カメラをよく見かけるぐらいでそのほかの雑誌はあまり見かけませんでした。

3階のアートコーナーにあった雑誌についてチェックしてきたので、確認できたものについて、以下にリストを記載します。

海外の雑誌も置いてありました。以下、目についた雑誌のリストです。

その他、アート系の書籍コーナーでは写真集や森美術館などで開催された美術展のブック、作品を創る人のためのコーナーもあったり、アート関係の書籍もたくさんあり、個人的には楽しいところでした。

私はアンディー・ウォーホル関連の書籍があったので借りてきてしまいました。

窓の方に向かった座席にゆったり座って、緑を眺めながらアートの雑誌をみるのはおススメです!ぜひ体験してください。

詳しくは、図書館の蔵書リストをご覧ください。
http://hibiyal.jp/hibiya/lib_03.html
PHat Photoアサヒカメラなど写真関係の雑誌は2階の雑誌フロアにあるようです。

ビジネスや勉強での利用に関しての感想など

千代田区立日比谷図書文化館 外観

こちらの図書館も以前紹介した千代田図書館のようにセカンドオフィス目的の利用も考慮された施設になっています。

関連記事:
千代田図書館をセカンドオフィスとして利用してみる。

勉強やノートパソコンが使えるデスクも多く、平日日中訪問のわりには結構混雑していました。

同じ千代田区内にある千代田図書館との比較ですが、蔵書数などは日比谷文化図書館の方が多く、読書楽しむ環境としてはこちらの方がよさそうです。

2階のビジネスフロアにある閲覧席は、多少となりの席との間隔は広めですが、千代田図書館のデスクタイプの席のように隣との間仕切りはなく真ん中の席にに人がいると多少緊張しそうです。

逆に向かい側との仕切りは50センチ近くの高さがあり、向かい側の人の視線は気にせず、集中できると思います。

日比谷図書文化館も、ふた付きの容器飲料(ペットボトル・水筒)などの持ち込みは可能です。

また、館内で利用できる無料の無線LANが利用できます。通常のHTTP、HTTPSなどのブラウズは可能ですが、FTPやVPNなどはポートが閉じられているなどの理由により、利用できないようですので、作業される方はご注意ください。

4階に特別研究席という有料の席もあったのですが、今回は利用しませんでした。2時間300円で、電源も用意されており、個別に仕切られていてPCの利用もやりやすくなっているようでした。また今度利用してみようと思います。

開館時間・アクセスなど詳しい情報など

千代田区立日比谷図書文化館 外観(夜)

最寄駅は
東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
都営地下鉄三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
東京メトロ千代田線「霞ヶ関駅」C3出口より徒歩約3分
JR 新橋駅日比谷口より 徒歩約10分

詳しいアクセスは日比谷文化図書館の交通アクセスのページをご参照ください。
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

千代田区立日比谷文化図書館 http://hibiyal.jp/hibiya/index.html

図書館だけではなく、写真展やその他の展示なども館内で行われています。
館内のレストラン以外だと、日比谷公園内の近くに比較的リーズナブルな価格で食事ができる日比谷グリーンサロンもありますのでそちらで食事をとるのもいいかも!?

関連記事:
新国立美術館アートライブラリーにふと立ち寄ってみる。

adsense

関連記事

忍野八海

忍野八海(おしのはっかい)

富士山のふもとの湧水池 河口湖の近くに泊まった後、時間があったので忍野八海(おしのはっ

記事を読む

MOT Collection COLLECTION GOING

東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館 2017年現在、2018年度

記事を読む

PACIFICO

横浜駅からパシフィコ横浜まで歩いてみる。

横浜駅からパシフィコ横浜までは徒歩で20分! 横浜みなとみらい21地区にあるパシフィコ

記事を読む

carsten nicolai: Parallax

市原湖畔美術館でカールステン・ニコライ:Parallax パララックス展を鑑賞

カールステン・ニコライのパララックス展に行ってきました。 Twitterでフォロワ

記事を読む

ヨコハマトリエンナーレ2014

横浜トリエンナーレ2014を体験してきました。(横浜美術館編)

ヨコハマトリエンナーレ2014横浜美術館会場へ 2011年に引き続き、3年に一度開かれ

記事を読む

市川湖畔美術館

市原湖畔美術館でフォトジェニックなロケーションを楽しむ。

千葉県市原市の高滝湖畔の美術館 いちはらアート×ミックス2017の開催期間中にカールス

記事を読む

那珂湊おさかな市場

都心から1時間ちょっと那珂湊おさかな市場でお得に海の幸を楽しむ。

東京からも1時間半前後で行ける那珂湊おさかな市場 都内からでも120キロ前後で高速道路

記事を読む

八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイス

横浜市にある遊園地と水族館の複合施設 もう結構前になるのだけど、家族で横浜にある水族館

記事を読む

魚見塚展望台

魚見塚展望台・誓いの丘・女神像

千葉県の鴨川市にある魚見塚展望台 以前、友人たちと流星群を見たり、鴨川シーワールドに行

記事を読む

企画展「TeNQ×ウルトラマン」に変更を機に再びTeNQ(テンキュー)へ。

企画展の変更に伴い再度TeNQ(テンキュー)へ オープン当初からの企画展が終わり、初代

記事を読む

adsense

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

赤福本店で赤福を食べて、おかげ横丁でお祭り気分。

いつも賑わいを見せている「おかげ横丁」 伊勢神宮内宮への

ICHIHARA ART X MIX2017
いちはらアート×ミックス2017の写真と雑感を一部紹介。

いちはらアート×ミックス2017の一部を見てきました。

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑