名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

公開日: : お出かけ, 子供と楽しめる, 宇宙, 東海

名古屋市科学館に行ってきました。

名古屋市科学館の外観

先日、名古屋にすこし立ち寄る機会があったので名古屋市美術館との共通券を購入し、名古屋市科学館に行ってきました。

名古屋市科学館名古屋市美術館は、芸術と科学の杜の白川公園内に隣り合って建っています。

私は、国立科学博物館(科博)日本未来科学館(Miraikan)科学技術館をはじめ、ソニーエクスプローラサイエンスなど、いろんな科学関係の博物館を何度も巡っています。

今回、初めて行った名古屋市科学館は、上記のような都内にある大きな科学館と遜色ない規模で展示も充実しており、驚きました。

中学生以下は入場料無料でで入場時に口頭で中学生や小学生と伝えれば入館できるようでした。

大人の観覧料は、展示室のみだと400円、展示室とプラネタリウムで800円、今回購入した美術館との共通券は500円でしたが、プラネタリウムは観覧できないので注意が必要です。

電車でのアクセスは名古屋市営地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅、鶴舞線大須観音駅、名城線矢場町駅からが近いですが、今回は早めに名古屋についたこともあり、名古屋駅から徒歩で行きました。

徒歩でも20分ほどなので、歩きなれている方であれば、そんなに気にならない距離だと思います。

科学館の目玉になっているプラネタリウムは今回半日程度立ち寄っただけということもあり、見ることができかなったため、紹介できません。
次回、第二弾の楽しみにしてください!

屋外には大きなH-IIBロケットや日本実験棟「きぼう」

名古屋市科学館の外観

屋外には存在感がある大きなH-IIBロケットがが横たわっています。科学館のサイトの情報によると、そのほとんどが実物と同じ構造の試験機だそうです。

また、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の構造試験モデルも展示されています。

名古屋市科学館は、外観もかっこよくて、面白い構造しているので、プラネタリウム部分の球状の部分を持ち上げたような、漫画ドラゴンボールで例えると悟空が元気玉ためてるみたいな写真をとってる人がいたりしました。

元素記号と元素名がついてるコインロッカー

名古屋市科学館:元素記号と元素名が書かれたコインロッカー

少々荷物が多かったため、邪魔にならないようコインロッカーに預けることにしました。

名古屋市科学館:元素記号と元素名が書かれたコインロッカー:Mgマグネシウム

写真見るとわかりやすいのですが、元素記号と元素名が振ってあるコインロッカー!科学好きにはどのコインロッカー使おうかって愛着のある元素を選びたくなります。

番号が振ってあるだけの画一的なコインロッカーではなく、元素記号で識別できるのは楽しいです。

今回は、燃やすと閃光を放つMg、マグネシウムのロッカーを利用しました。公共の施設らしくリターン式で気兼ねなく利用できます。
また、生命館の1階にははもう少し大きいロッカーがあるので、荷物が大きい場合は生命館1階のロッカーに預けるとよいと思います。

竜巻ラボで竜巻の発生を眺める

名古屋市科学館:竜巻ラボ

静かな状態から竜巻が出来上がっていく、ライブハウスのスモークのような煙が光を浴びていろんな色に染まりながら、徐々に館内吹き抜けのスペースに渦を描きながら竜巻になっていきます。

竜巻がまきあげている煙らしきものはコロイド粒子サイズなのでしょうか。風船もどんどん巻き上げられていました。

極寒ラボ、放電ラボなどの体験施設も…

名古屋市科学館:放電ラボ

今回午前中半日程度しか館内にいれなかったため、極寒ラボ、放電ラボ、プラネタリウムといろんな場所が体験できませんでした。
極寒ラボ、放電ラボは整理券や並ぶ必要があるので早めに行かないと当日体験できないかもしれません。

休憩するテーブルなども施設内にあるので、朝から行って夕方まで一日中楽しめる施設だと思います。

元素とその元素が利用されている製品の元素周期表

名古屋市科学館:理工館:カルシウム(Ca)と使われているセメント

カルシウムCaだったら、セメント。元素名だけでなく、利用されてる製品も実際にみるとより身近になったり、連想記憶できたりで、より覚えやすいと思うし、素敵な展示方法だと思いました。

名古屋市科学館:分子模型の展示

分子模型や鉱物なども展示されていて、実際どんなものかを見ながら知ることができます。

ボールや工業製品を切断して断面や構造を見れるようにした展示

名古屋市科学館:IHクッキングヒーターのスケルトン

いろんなボールや、IHクッキングヒーター、エアコンの室外機などが切断され内部構造がみえるようになっています。

身の回りのものの構造が見えて楽しいと思いました。

宇宙にまつわる少し暗くてかっこいいスペース

名古屋市科学館:天文館:宇宙のすがた:ZWISSのプラネタリム投影機

カメラやメガネなどのレンズで有名なZWISS製のプラネタリウム投影機や、望遠鏡、特定の場所からのぞくと星座にみえたり、銀河を上から横から確認できるガラスなどがありました。

名古屋市科学館の詳細は…

名古屋市科学館:記念撮影のポーズ、後方上部にプラネタリウムの球体

全体的には、上階ほどより専門や高度な大人向けに近いもの、低層階ほど子供たちが体験しながら遊べる施設となっているように感じました。
これからの季節、夏休みの自由研究の課題の情報収集など、子供たちとおとづれてはいかがでしょうか。暑い中でも屋内で涼しく楽しめる施設だとおもいます。

文章で紹介しきれてない部分もあるので、下記のギャラリーの写真などからも雰囲気をつかんでいただけると幸いです。

お出かけ前には、公式サイトで詳細情報をご確認ください。

開館時間:午前9時30分~午後5時
※プラネタリウムの夜間投影はこの限りではないが、観覧券は16時30分で販売終了
月曜日休館・月曜日祝日の場合は開館し、直後の平日が休館

カレンダー参照:
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/visitors_guide/calender.html

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号
芸術と科学の杜・白川公園内
TEL: 052-201-4486
FAX: 052-203-0788

名古屋市科学館公式サイト
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

関連記事:
芸術と科学の杜、名古屋市美術館で芸術に触れる

adsense

関連記事

赤福本店で赤福を食べて、おかげ横丁でお祭り気分。

いつも賑わいを見せている「おかげ横丁」 伊勢神宮内宮へのお参りの際、定番の赤福本店と、

記事を読む

YOKOMAHA_TRIENNALE

横浜トリエンナーレ2014を体験してきました。(新港ピア編)

ヨコハマトリエンナーレ2014の新港ピア会場へ 前回の横浜美術館会場に行ってから、随分

記事を読む

ARABAKI_ROCK_FEST

ARABAKI ROCK FEST.14.

久々の音楽フェス、そして初めての野外フェス 宮城県のエコキャンプみちのくで行われたアラ

記事を読む

SKYDECK

六本木ヒルズ森タワー屋上のスカイデッキで東京をグルリと見渡す!

森美術館の展示を鑑賞後、スカイデッキを体験 森美術館で開催されていた「ゴー・ビトゥイー

記事を読む

名古屋市美術館

芸術と科学の杜、名古屋市美術館で芸術に触れる

芸術と科学の杜、名古屋市美術館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立ち寄る機会があ

記事を読む

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社と藤棚

日本三大稲荷!?の笠間稲荷へ この記事を書くにいたって笠間稲荷に宣伝文句に日本三大稲荷

記事を読む

足立花火

花火の写真の撮影にチャレンジしてみる(足立の花火編)

夏の花火シーズン初期に開催された足立の花火を撮影してきました。 2015年に東京都内で

記事を読む

山形市内散策

山形市内散策

数年ぶりの山形市内散歩 震災前ぶりに山形市内に泊まった。 山形市の中心部は大学時代に

記事を読む

太陽系の秘境展

大人も知らない場所へ行こう「太陽系の秘境」展を体験してきました。

TeNQの出口近くに張ってあったポスターを見て TeNQの出口近くに「大人も知らない場

記事を読む

高尾山に登ってみる。

都心から気軽に行ける高尾山を登ってみる 高尾山は首都圏で軽め登山を試したい方やトレイル

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑