落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

公開日: : お出かけ, 東京, 関東 , ,

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗いてきました。

Levitrope

下記のような方にはとってもおススメです!気になった方はぜひ自分の目で五感で体験してください。

  1. 落合陽一さん、ピクシーダストテクノロジーズの活動に興味がある方
  2. テクノロジーとアート・コンテンポラリーアートに興味がある方
  3. 原宿にふらりと立ち寄って時間をもてあましてる方

Morpho Scenery in GYRE: Optical Scale and Mind Scale

場所は、東京メトロ千代田線明治神宮前(原宿)の表参道方面の出口からほぼ近いキディランド原宿の隣のGYROの3Fです。エスカレーターを上っていく間にも「Morpho Scenery in GYRE: Optical Scale and Mind Scale」として吹き抜けに展示がされています。

茶室をイメージした入り口

落合陽一氏展示作品

エスカレーターで吹き抜けに展示されている作品を眺めながら、3Fに向かいます。入り口はコンパクトでとっても近代的な和の雰囲気を感じます。華道家の辻雄貴と作り上げたそうです。

会場に入ると視界に飛び込んでくる作品「波の形,反射,海と空の点描」

波の形,反射,海と空の点描

キラキラ魚の表皮のような光沢があり、魚のようだと一緒に同行していた妻と話をしていたら、サバをモチーフに描かれた作品だそうです。

計算機自然、生と死、動と静

計算機自然、生と死、動と静

モルフォ蝶がきれいに描かれたものが機械的な動作で動いています。

浮かんだ物体がぐるぐる回る「Levitrope」や「Silver Floats」

浮かんだ金属球が磁気浮上してぐるぐる外界をシームレスにうつす「Levitrope」やTDK株式会社との共同開発の「Silver Floats」も展示されていました。写真を撮っている自分自身ももちろんうつりこみます。(笑)刻々と変わる映像も映りこんで印象的でした。

Levitrope

ひとつ気になったのが、ひとつだけ浮かばずに回転して擦り傷を作ってるものがありました。故障したのかな!?

奥の窓の大きい部屋には「Morpho Scenery」が展示

Morpho Scenery

奥の方の部屋に行くと「Morpho Scenery」が展示されています。今回初めて拝見しましたが、昔雑誌の裏表紙の広告に掲載されていたテレビの画面を拡大するような、デイリーポータルZの顔が大きくなる箱(フレネルレンズ使用)と技術的には似てそうです。

ざっくり感想など…

Colloidal Display(コロイドディスプレイ)

まだ始まったばかりということもあったと思うのですが、有名な落合陽一さんの展示で土日、また無料、原宿近くの表参道沿いという好立地な場所という条件にもかかわらず、そんなに込んでおらず拝見しやすかったです。

そんなに規模もないので30分ぐらいでさくっと見ることもできますが、それなりに作品数はあるので楽しめると思います。

虫の鳴き声を機械的な仕組みで再現したものなど、その他にも展示されている作品がありますので、気になった方はぜひ足をお運びください!

展示を拝見後、作品のことを考えながらこの記事を書いていて思い浮かんだのは、落合陽一さんはテクノロジーを駆使することによって、人工的なものと生物的なものその間(はざま)を小さくしていくアプローチをしていっているのかなと思いました。

落合陽一 個展「山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然」の詳細情報は…

表参道GYRO入り口

公式情報
https://gyre-omotesando.com/artandgallery/yoichi-ochiai/

落合陽一、山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然
会期:2018年4月20日(金)~6月28日(木)
開場時間:11:00~20:00
会場:EYE OF GYRE – GYRO 3F
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
電話番号:GYRO(03-3498-6990)

Morpho Scenery in GYRE: Optical Scale and Mind Scale
会期:2018年2月20日(火)~5月13日(木)
会場:EYE OF GYRE – GYRE B1F-5F(エスカレーター中央の吹き抜けスペース)
開場時間:11:00~22:00

adsense

関連記事

ARABAKI_ROCK_FEST

ARABAKI ROCK FEST.14.

久々の音楽フェス、そして初めての野外フェス 宮城県のエコキャンプみちのくで行われたアラ

記事を読む

新橋演舞場

新橋演舞場で松竹新喜劇 爆笑七夕公演を観てきました。

新喜劇とは言っても吉本ではなく松竹新喜劇です 招待券をいただいたので、東京メトロ日比谷

記事を読む

企画展「TeNQ×ウルトラマン」に変更を機に再びTeNQ(テンキュー)へ。

企画展の変更に伴い再度TeNQ(テンキュー)へ オープン当初からの企画展が終わり、初代

記事を読む

千代田区立日比谷図書文化館

日比谷図書文化館で気軽にアート雑誌を楽しむ。

日比谷図書文化館はアート系の書籍・雑誌が充実した図書館 千代田図書館に引き続き、仕事や

記事を読む

fontlovers

フォント好きな人のためのイベントFontLovers #1に参加してきました。

FontLovers #1に参加してきました。 なかなかレポートが書けなくて、もう昨年のことに

記事を読む

太陽系の秘境展

大人も知らない場所へ行こう「太陽系の秘境」展を体験してきました。

TeNQの出口近くに張ってあったポスターを見て TeNQの出口近くに「大人も知らない場

記事を読む

多重露光

多重露光写真(多重露出写真)を撮ってみる。

多重露光(多重露出)写真を楽しむ 多重露光での撮影はフィルムのころから写真をしていたり

記事を読む

カメラをいつも持ち歩く

いつもカメラを持ち歩く

カメラはできるだけ毎日持ち歩く 僕は、1年のうち約360日は一眼レフを持ち歩いて生活を

記事を読む

科学技術館

子どもも大人も楽しめる科学技術館

東京都内には科学を体験できる施設もいっぱい 都内にはたくさんの科学関係の展示・体験施設

記事を読む

コンテンポラリーダンスを中心とした舞台をみる。そして踊りたくなる。

北千住駅徒歩5分、団地の中にただずむダンススタジオ AAPA(アアパ / Away A

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑