東京スカイツリータウンのイルミネーションを多重露光撮影で遊ぶ。

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 お出かけ, 東京, 関東 ,

東京スカイツリータウンのイルミネーションを撮ってきた。

TOKYO SKYTREE Multiple Exposure

すみだ水族館のクラゲ万華鏡トンネルの写真を撮りに東京スカイツリーに行ってきました。

今回はその番外編として、東京スカイツリーの足元スカイツリータウンのイルミネーションを見たら意外とテンションがあがったので遊びながら撮影した写真を中心に紹介します。

多重露光とイルミネーションは相性がいい!

東京スカイツリータウン イルミネーション 多重露光

今回アップしている写真のほとんどが多重露光(多重露出)の技法を用いて撮影した写真です。

多重露光撮影って何かと簡単に説明すると、もともとは、フィルムで撮影するときに、同じコマでシャッターを複数回切って露光することです。デジタルだとPhotoshopでレイヤー重ねるときに比較明合成が近いイメージで、手軽に数枚の写真を合成したようになります。

多重露光撮影気分を味わえるスマホのアプリもいっぱい種類があるので試してみてもらえるとよりいっそうイメージがわくと思います。

多重露光の特徴としては、明るいところに明るいのを重ねちゃうと、明るくなりすぎちゃって淡くなったり真っ白に飛んでしまいます。

逆に、暗いところに他の被写体を移すとはっきり写ります。そう、今回のイルミネーションは基本的に夜です。LEDなどの光源以外の部分は暗い部分が多いんです。そのため、多重露光撮影と相性がよくて手軽に重ねて面白い写真が撮りやすいんです。

東京スカイツリーをあらためて撮ってみたらSFの世界だと思った。

東京スカイツリー 多重露光 サイバーイメージ

普段、東京スカイツリーの近くに行っても、下からの撮影だと同じようなアングルばかりになって、個人的には面白みをあまり感じてなかったんですがちょっと遊んで撮ってみたら化けました。

サイバーというかSF的な巨大建造物のイメージになってびっくりです。

多重露光撮影愛好家としては、「パイプ」+「多重露光」とかも面白そうなので今度撮ってみたいと思います。

今回の撮影方法のネタバレ。

東京スカイツリータウン イルミネーション

普通にイルミネーションとっても楽しいけど、工夫して遊ぶのも楽しいと思います。今回の撮影方法のパターンとしてネタばれすると、下記のようなパターンで撮っています。

1.マニュアルフォーカスにして、絞り開放気味でぼかして丸ボケを作った写真と、ピントが合った写真を同じもしくはずらして撮影した多重露光撮影

2.暗い空の部分に同じ被写体(スカイツリー等)を反転や対称に近い形で配置して多重露光撮影

3.イルミネーションされた被写体とスカイツリーや文字、クリスマスツリーの一部などの多重露光撮影

このブログの訪問者は意外と設定など知りたいという方も検索キーワード見てる限り、多いようなのでカメラの設定の参考値をお伝えします。

作品を撮るというよりスナップ撮影中心の場合は、夜間の場合はA(Av)モードでマルチパターン測光、露出補正をマイナス2段程度下げて、手振れを考えてISO800ぐらいで撮影していることが多いです。

その時つけているレンズによりますが、絞りはF2.8~F5.6ぐらい。最近のカメラだったらISO感度はもっと上げてもいいんじゃないかと思います。

イルミネーションを普通に撮るのに飽きたときに、一度試してみると気分がもりあがって、普通に撮るときも素敵な作品が撮れるかも!?

東京スカイツリータウンの詳しい情報など…

東京スカイツリータウン イルミネーション

スカイツリータウンやソラマチでイルミネーションのほかにも、クリスマスマーケットや、プロジェクションマッピングなどクリスマスイベントをやってるみたいです。

すみだ水族館も「クラゲ万華鏡」などの企画展をやっているので期間中に一度寄ってみてはいかがでしょうか。

おひとりさまが寂しい場合は、一眼レフorミラーレスカメラ持って行けばきっと大丈夫ですよ!

TOKYO SKYTREE TOWN DREAM CRISTMAS 2014
http://dreamchristmas2014.jp/(サイトがなくなったようなのでリンク外しました)

多重露光撮影参考書籍:

参考関連記事:
イルミネーションが溢れる季節、カメラで光をつかまえてみる。
多重露光写真(多重露出写真)を撮ってみる。
すみだ水族館でクラゲ万華鏡トンネルの幻想的な世界に浸る。

adsense

関連記事

科学技術館

子どもも大人も楽しめる科学技術館

東京都内には科学を体験できる施設もいっぱい 都内にはたくさんの科学関係の展示・体験施設がある。

記事を読む

カメラをいつも持ち歩く

いつもカメラを持ち歩く

カメラはできるだけ毎日持ち歩く 僕は、1年のうち約360日は一眼レフを持ち歩いて生活を

記事を読む

リー・ミンウェイとその関係展

参加型アート展覧会「リー・ミンウェイとその関係展」を体験してきました。

参加するアートの展覧会「リー・ミンウェイとその関係展」 読者の体験をうながすことを目的

記事を読む

千本鳥居の伏見稲荷大社

千本鳥居で有名な伏見稲荷 昨年の夏、京都大作戦という10FEETというアーティストが主

記事を読む

小江戸川越食べ歩き

埼玉県川越市で小江戸の雰囲気を楽しみながら食べ歩き

古い町並みやリノベーションされた店舗が多い街、川越 今回は、小江戸、川越の蔵造りの町並

記事を読む

貴船神社

川床で有名な貴船神社で水占みくじ

京都に行った際、川床で有名な貴船神社に行ってきました。 京都の中心部からは結構遠く鞍馬

記事を読む

太陽系の秘境展

大人も知らない場所へ行こう「太陽系の秘境」展を体験してきました。

TeNQの出口近くに張ってあったポスターを見て TeNQの出口近くに「大人も知らない場

記事を読む

高尾山に登ってみる。

都心から気軽に行ける高尾山を登ってみる 高尾山は首都圏で軽め登山を試したい方やトレイル

記事を読む

MACHIYOGA

千住の安養院の本堂でヨガを体験する。

千住いえまちプロジェクトが主催している「まちYOGA」に参加 東京東側のターミナル駅で

記事を読む

からほり商店街

古い建築の味を今に活かす空堀商店街

大阪に行った際、空堀商店街を散策してきた 空堀商店街とは、空堀商店街・空堀通(空堀どー

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

東京都現代美術館(MOT)は、長い改修工事を終え再オープンしています。

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑