六本木アートナイトで気軽にアートに親しむ。

公開日: : 最終更新日:2016/10/26 お出かけ, 日々の写真, 東京, 関東 ,

六本木アートナイトとは?

ROPPONGI ART NIGHT 2016

生活の中でアートを楽しむというライフスタイルの提案、大都市における街づくりの先駆的モデルを目的として2009年から実施されている六本木界隈で行われるアートイベントです。

展示が集中しているところは、森美術館・六本木ヒルズ周辺、東京ミッドタウン・サントリー美術館・21_21 DESIGN SIHGT周辺、国立新美術館ですが、街のいたるところに展示がされています。

六本木アートナイトは通常一晩(今回は二晩)限りの開催ということもあり、私も毎年見逃してしまっていて、今回初めての参加になりました。

このブログの趣旨としては、開催中のイベントに行ってもらって体験してもらうことを目的としていますが、来年2017年の参加のきっかけになればと、簡単に紹介したいと思います。

このイベントのすごいところのひとつは、普通に一晩、終電が終わっても朝6時まで開催されていることです。さすが眠らない町、夜の街の六本木ですね。

もっともっといっぱいあって、ごく一部しか作品やパフォーマンス見れなかったのですが、見たものを紹介しますね!
今回、一人で参加しましたが、カップルや友達同士の方が多いので、皆さんで一緒に行かれるのがオススメです。

森美術館・六本木ヒルズ周辺で観た展示作品

チェ・ジョンファ「フラワー・シャンデリア」
チェ・ジョンファ「フラワー・シャンデリア」

東京メトロ六本木駅から六本木ヒルズへのエスカレーター、メトロハット上にあるチェ・ジョンファ「フラワー・シャンデリア」
今回は別の通路で来たため横から撮影しましたが、エスカレーターから見上げる巨大な花々は六本木アートナイトを期待させます。

チェ・ジョンファ「Love Me」
チェ・ジョンファ「Love Me」

この作品も巨大で、六本木ヒルズのウェストウォーク内にありましたが、ピンクの色味をおびた羽のついたブタさんがふわふわしていました。
いただいたパンフレットによると、このブタさんは「幸運、富や反映などを象徴する」らしいです。見る人を幸せな気持ちにさせる作品もいいですね!


後藤映則「toki-series_#00」

グルグルまわる波打った透明の樹脂的に見えるもの。光を通すと、人が歩いたり、鳥が飛んだり見えます。
しばらく飽きずに見てられそうな作品群。


久保ガエタン「Smoothie」

大きな部屋のような四角い箱があります。それがいきなり、ゴロンゴロンと軸を中心に回転します。
その部屋の中の映像をカメラでとらえた様子を画面で見るインスタレーション的な作品でした。
まさにスムージー!

サエボーグ展「Pigpen」
サエボーグ展「Pigpen」

ラテックス製スーツを着たパフォーマンスとともに目に飛び込んでる衝撃的な豚さん。身動きできない檻に捕らえられ、シリアルナンバーを刻印された仔豚におっぱいをあげている。
見て感じることは人それぞれだと思う。表現として意思を各々感じられるように伝えることができるのもアートの魅力ですね。

roppongian2016_004
名和晃平「White Deer」

六本木アートナイト2016のメインプログラム。とても巨大な白い鹿「White Deer」と塔のような「Ether」(エーテル)との出会いの展示。
「White Deer」は2017年7月22日~9月10日に宮城県の牡鹿半島で開かれる「Reborn-Art Festival 2017」に設置される予定だそうです。

街角で見た展示作品

平本瑞季「寿司パフォーマンス」

特徴のある衣装を着た集団が立っていて、いきなり動き出したと思ったら寿司に!

ツァイ・クエンリン(蔡坤霖)「As Hear / Say」
ツァイ・クエンリン(蔡坤霖)「As Hear / Say」

不思議なパイプの先端からいろんな音が聞こえてきて面白かったです。


若木くるみ「車輪の人」

ハムスターみたいな構造の回転する円筒をひたすら限界に挑戦し走り続けています。
同じようなモノをアスレチックで遊んだことがあるけどバランス感覚必要で大変そうでした。
体を張ったインスタレーション作品!

ミッドタウン周辺で見た作品

MAU COLLECTION 「IMIN」
MAU COLLECTION 「IMIN」

整列したり、服を交換したり、あまり見たことがない前衛的?なファッションショーでした。
ライトアップが少しほしい暗さだったのが残念。

Rhizomatiks Architecture「CURTAIN WALL THEATRE」アートナイト特別ライトアップ
Rhizomatiks Architecture「CURTAIN WALL THEATRE」アートナイト特別ライトアップ

ライトアップされたカーテンで区切られた区域が開いたり、閉じたり、知らない人たち通しで区切られたり、カップルなのにカーテンでさえぎられたり。
脳波センサーを利用している部分はよくわからなかったけど、しばらく中にいたくなる興味深いインスタレーションでした。

短絡的にカーテンから、デヴィット・リンチの「ツインピークス」を思い出しました。

Chim↑Pom(チンポム)さんのトークイベントに参加

Chim↑Pom(チンポム)さんのトークイベント

プログラムにないけれど、今回面白かったのがアーティスト集団 Chim↑Pom(チンポム)の卯城さん、エリイさんのトークイベント。

まず、マイクの機材トラブルで少し離れて話を聞く予定が、声を聞き取るために参加者が回りを取り囲むようになり、途中で拡声器が用意されて、ちょっと集会っぽい絵になったり。

10月31日(月)まで開催されている解体予定の新宿 歌舞伎町振興組合ビルで開催されている『「また明日も観てくれるかな?」~So see you again tomorrow, too?~』の会場に関する話などや、
絵画ばかり高値で取引されていて、「そんなの古いからアートプロジェクトごと買おうよ」って話やら。

『モナ・リザ』でも500年間評価されているけど、1000年評価される作品を作りたいとかそーいう話題を歴史を絡めてお話されたり。いい刺激になりました。

参考:
『「また明日も観てくれるかな?」~So see you again tomorrow, too?~』
http://chimpomparty.com/

六本木アートナイトの公式情報等…

公式サイト
http://roppongiartnight.com/

adsense

関連記事

山形市内散策

山形市内散策

数年ぶりの山形市内散歩 震災前ぶりに山形市内に泊まった。 山形市の中心部は大学時代に

記事を読む

ICHIHARA ART X MIX2017

いちはらアート×ミックス2017の写真と雑感を一部紹介。

いちはらアート×ミックス2017の一部を見てきました。 カールステン・ニコライ:パララ

記事を読む

名古屋市美術館

芸術と科学の杜、名古屋市美術館で芸術に触れる

芸術と科学の杜、名古屋市美術館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立ち寄る機会があ

記事を読む

YOKOMAHA_TRIENNALE

横浜トリエンナーレ2014を体験してきました。(新港ピア編)

ヨコハマトリエンナーレ2014の新港ピア会場へ 前回の横浜美術館会場に行ってから、随分

記事を読む

TokyoDomeCity

東京ドームシティでイロトリドリのイルミネーションを楽しむ。

東京ドームシティのウインターイルミネーションに寄り道をしてきました。 東京ドームシティの最

記事を読む

多重露光

多重露光写真(多重露出写真)を撮ってみる。

多重露光(多重露出)写真を楽しむ 多重露光での撮影はフィルムのころから写真をしていたり

記事を読む

TOKYO DOME CITY

東京ドームシティウインターイルミネーション2015を楽しむ。

TOKYO DOME CITY Winter Illumination 2015に行ってきました。

記事を読む

くろい家

大巻伸嗣「くろい家」で暗闇の中、時の流れを感じる。

大巻伸嗣「くろい家」の展示作品を見てきた。 足立区千住、北千住駅西口から徒歩約10分、

記事を読む

リー・ミンウェイとその関係展

参加型アート展覧会「リー・ミンウェイとその関係展」を体験してきました。

参加するアートの展覧会「リー・ミンウェイとその関係展」 読者の体験をうながすことを目的

記事を読む

千代田図書館

千代田図書館をセカンドオフィスとして利用してみる。

図書館は勉強や仕事をするのにおススメ! 私自身、高校3年の大学受験生だったときに市立図

記事を読む

adsense

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

赤福本店で赤福を食べて、おかげ横丁でお祭り気分。

いつも賑わいを見せている「おかげ横丁」 伊勢神宮内宮への

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑