リニューアル後の森美術館にて「シンプルなかたち展」を体験してきました。

公開日: : 最終更新日:2016/10/26 お出かけ, 東京, 関東 ,

リニューアルした森美術館の第一弾の展示「シンプルなかたち展」を見てきました。

シンプルなかたち展入り口前

そろそろ昨年購入した森美術館の年間パスポートの有効期限も切れるということもあり、友人たちも見に行っていて興味があった「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」を実際に会場で体験してきました。

私は、普段からゴチャゴチャしたものより、シンプルな食器や道具が好きなのできっと楽しく感じるだろうなーって思って展示を閲覧していましたが、思った通り興味深くて面白い展示でした。

会期は2015年7月5日(日)までです。この記事の公開時であと2週間ほど開催されています。
シンプルな作品は心地よく落ち着けると思います。情報過多に疲れた方にもおすすめの展示です。

個人的に気になった展示作品たち

まずは、ヴォルフガング・ティルマンスの作品が一番に上がります。
2009年に関西を一人旅していて、今は無きサントリーミュージアム(天保山)に立ち寄った際に初めて見ました。

写真と書いてあったけれど、その当時どうやって撮ったのか想像つかず、透明感のある白い場所に色のついた液体が滲んでいくような作品はとても印象に残っていました。
解説によるとカメラは使わず、暗室作業で作品作りをしているそうです。また出会えて嬉しかったです。

その次に、ジャン=バティスト・ロメ・ド・リールの結晶の形の模型です。大変たくさん並んでいます。
もともと科学が好きなのでついつい気になって片っ端から眺めてしまいました。展示しているのはごく一部らしいですが、それでも大変たくさん展示されています。

アニッシュ・カプーアの作品も印象に残りました。壁が出っ張ってるだけなのに、題名やキャプションを見ると、ドーンと重たく伝わってきました。

また、ル・コルビュジエの収集した石の展示については、家庭菜園を作るのに庭を掘っていて発掘した石や出かける先で気になった石を拾ってきていた記憶を呼びこしてくれたりして面白かったです。

大巻伸嗣《リミナルエアー スペースータイム》

大巻伸嗣《リミナルエアー スペースータイム》

シンプルなかたち展ではほとんどの区画が撮影禁止になっています。

帰りがけに展示区画に入る前の音声ガイドなど受け渡すスペースで今回の展示のタイトルだけ撮ろうとしたら、ガイドのお姉さんに非常に気難しい顔をされて注意されました(苦笑)もちろん撮影しておらず、私もごめんなさいとすぐに謝ったのですが、本当申し訳なさそうにお断りされて心苦しかったです。

会場内に3ヶ所ある撮影可能な作品のひとつが《リミナルエアー スペースータイム》大巻伸嗣です。

大巻伸嗣 氏のお名前は記憶しているなぁどこかで作品見てるなぁと思ってたら、私もよく知ってる北千住で活動しているアートプロジェクト「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」でMemorial Rebirthというシャボン玉を使ったインスタレーションを発表されていたりして縁があったのでした。(笑)

参考:
http://www.shinjiohmaki.net/portfolio/memorial_rebirth/
http://aaa-senju.com/ohmaki

今回は、《リミナルエアー スペースータイム》という作品が展示されていました。

オラファー・エリアソン《丸い虹》

オラファー・エリアソン《丸い虹》

オラファー・エリアソンの丸い虹はくるくると回りながら、プリズムを通した虹の姿が連続的に変わっていくのが印象的でした。
結構外から見ている人が多かったけど、中に入っても大丈夫そうだったので、私は部屋の中に入って見ていました。

こちらも、撮影可能な作品です。今回の展示で撮影可能な展示については、インスタレーション的に展示作品が変わっていく固定されないものが対象になっているようでした。

アンソニー・マッコール《円錐を描く線》

アンソニー・マッコール《円錐を描く線》

コロイド粒子というか、ロックバンドのライブで使われるような煙ににレーザーをあてて円錐を描く作品。
写真を撮りながらこの作品はどうやってみるのだろうと最初悩みましたが、うつりゆく安定しない煙の表情が面白かったです。

展示期間や森美術館の詳細情報など…

森美術館入り口の階段・垂れ幕

展示期間は、2015/7/5(日)まで、六本木ヒルズにある森美術館にて開催されています。
2015年6月28日(日)まではスカイデッキで開催されているスター・ウォーズ展(WaybackMachine)も同じチケットであわせてご入場いただけます。

詳細は、「シンプルなかたち展 美はどこからくるのか」のウェブサイトをご覧ください。
http://www.mori.art.museum/contents/simple_forms/

会期も終盤になり、展示の様子がFlickerにアップされています。
https://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/sets/72157652107377854

adsense

関連記事

千本鳥居の伏見稲荷大社

千本鳥居で有名な伏見稲荷 昨年の夏、京都大作戦という10FEETというアーティストが主

記事を読む

JR常磐線特急ときわ車窓から見た景色

新しいJR常磐線特急「ときわ」に乗ってみた。

新しくなったJR常磐線「ときわ」に乗ってみた。 国立ひたち海浜公園にネモフィラを見に行

記事を読む

くろい家

大巻伸嗣「くろい家」で暗闇の中、時の流れを感じる。

大巻伸嗣「くろい家」の展示作品を見てきた。 足立区千住、北千住駅西口から徒歩約10分、

記事を読む

ガスの科学館がすてなーに

ガスの科学館 がすてなーに

ガスの科学館「がすてなーに」に行ってきた この前、都内の科学館のことを調べていたときに

記事を読む

カメラをいつも持ち歩く

いつもカメラを持ち歩く

カメラはできるだけ毎日持ち歩く 僕は、1年のうち約360日は一眼レフを持ち歩いて生活を

記事を読む

八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイス

横浜市にある遊園地と水族館の複合施設 もう結構前になるのだけど、家族で横浜にある水族館

記事を読む

コンテンポラリーダンスを中心とした舞台をみる。そして踊りたくなる。

北千住駅徒歩5分、団地の中にただずむダンススタジオ AAPA(アアパ / Away A

記事を読む

忍野八海

忍野八海(おしのはっかい)

富士山のふもとの湧水池 河口湖の近くに泊まった後、時間があったので忍野八海(おしのはっ

記事を読む

ARABAKI_ROCK_FEST

ARABAKI ROCK FEST.14.

久々の音楽フェス、そして初めての野外フェス 宮城県のエコキャンプみちのくで行われたアラ

記事を読む

砂の城

砂のお城を本気の大人が作ってみる

子供だましじゃない本当にお城っぽい 数年前の夏に砂のお城をつくる会の方と一緒に砂のお城

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑