六本木ヒルズ森タワー屋上のスカイデッキで東京をグルリと見渡す!

公開日: : お出かけ, 子供と楽しめる, 東京, 関東

森美術館の展示を鑑賞後、スカイデッキを体験

スカイデッキのヘリポート

森美術館で開催されていた「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通してみる世界」(2014年8月31日まで開催)を見た後、屋上のスカイデッキから東京を眺めてきました。

ゴー・ビトゥイーンズ展」に関しては、ウォン・ソンウォンさんの「7歳の私」シリーズ、小西淳也さんの《子供の時間》が自分の撮影・表現したいものに近いなぁ興味深かったです。

また、梅佳代さんの作品《女子中学生》に関する子供のコメント「これはみてはあかんやつだ」というのがグッと響きました。もう日にちがないのですが2014年8月31日(日)まで開催されています。

森美術館入り口の螺旋階段

参考:
ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通してみる世界
http://www.mori.art.museum/contents/go_betweens/

森美術館の展示に+大人500円、+子供300円でスカイデッキは利用できるので、森美術館の展示を見た後、天気が良かったら東京スカイビューの展望台のさらに上、海抜270メートルの世界、スカイデッキから眺めてみるのは気分転換になって気持ち良いです。

スカイデッキに持ち込めるのはカメラと携帯のみ

東京シティービュー内のスカイデッキ入り口からは、手荷物はリターン式の100円コインロッカーに預けます。カメラと携帯以外は持ち込めません。私は今回一眼レフの交換レンズを持って行きたかったのですが、自主的に断念しました。

風が強いことが多く、荷物が不意に飛ばされないように、また不用意な落下を防ぐため、セキュリティの観点からだと思います。

東京タワーもスカイツリーも!

スカイデッキから東京タワー側の眺め

天気が良く、空気が澄んでであれば、東京タワーもスカイツリーもどちらも一緒に見渡せます。港区六本木という立地条件(東京タワーは隣の東京メトロ日比谷線神谷町が最寄駅)の関係もあり、本来は高いはずのスカイツリーよりかなり大きく東京タワーが見えるのも面白いです。

スカイデッキには何度か行ったことがあるのですが、直前に雨が降ったり、その後風が強かったりと、空気が澄んでいるようで東京湾の方まではっきり見渡せました。

年間パスポートでお得に利用する

六本木ヒルズ巨大クモ・ママンのオブジェ

チケットとしては、当日券のほかに、「森美術館+東京シティビュー パスポート」という年間パスポートが用意されています。「森美術館」「東京シティビュー」「スカイデッキ」が1年間追加のお支払いなしに利用できるようになります。2014年8月時点では、5250円(税込)で販売されております。

年間3回程度は展示が切り替わるため、同行者も割引価格で入場できるので、現代アート系が好きな方はお得に楽しめます。
下記の期間で、森美術館&東京シティビューの改装のため、利用できない期間が生じますが、その日数分は、繰り越されるので今から購入される方もご安心ください。

2015年1月5日~2015年4月24日

美術館に併設されている「森アーツセンターギャラリー」は別途費用がかかります。展示によってことなりますが、チケットの割引サービスは受けられるようです。

スカイデッキについて詳しくは…

下記の東京シティビューのホームページをご覧ください。
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/

天気のいい日は、屋内の美術館で作品を楽しんだ後、開放的になスカイデッキで過ごすのはとても気持ち良いですよ!

adsense

関連記事

余所見してみる

余所見してみる。

つつじが咲きほこってる最中、上を見た つつじが満開で視界に主張して入ってくる中、ふと曇

記事を読む

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然

落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗いてきました。

記事を読む

TokyoDomeCity

東京ドームシティでイロトリドリのイルミネーションを楽しむ。

東京ドームシティのウインターイルミネーションに寄り道をしてきました。 東京ドームシティの最

記事を読む

さいたま新都心けやき広場イルミネーション

さいたま新都心けやき広場イルミネーション2015-2016で光と踊る写真を撮る。

さいたまスーパーアリーナの隣にあるけやき広場のイルミネーション JRさいたま新都心駅か

記事を読む

那珂湊おさかな市場

都心から1時間ちょっと那珂湊おさかな市場でお得に海の幸を楽しむ。

東京からも1時間半前後で行ける那珂湊おさかな市場 都内からでも120キロ前後で高速道路

記事を読む

忍野八海

忍野八海(おしのはっかい)

富士山のふもとの湧水池 河口湖の近くに泊まった後、時間があったので忍野八海(おしのはっ

記事を読む

絶景イメージ写真(多重露光写真)

死ぬまでに行きたい絶景に生きてるうちに行く方法

バイラルメディアでよく見かける死ぬまで行きたい絶景系記事 「死ぬまでに行きたい○○の絶景」

記事を読む

KAIHINBEACH

海水浴場なんてあったの!?葛西海浜公園で海水浴を楽しむ。

海を見たい衝動に駆られて、葛西臨海公園に行ってみた。 ※2015年執筆の記事ですが、一

記事を読む

市川湖畔美術館

市原湖畔美術館でフォトジェニックなロケーションを楽しむ。

千葉県市原市の高滝湖畔の美術館 いちはらアート×ミックス2017の開催期間中にカールス

記事を読む

月の井酒造店

大洗の酒蔵・月の井酒造店に立ち寄ってみる。

茨城県大洗町にある酒蔵・月の井酒造店 茨城県大洗町の那珂湊(なかみなと)のおさかな市場

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑