国立ひたち海浜公園でネモフィラの青い世界に包まれる。

公開日: : 最終更新日:2021/04/14 お出かけ, 子供と楽しめる, 関東

写真仲間に誘われて国立ひたち海浜公園にネモフィラ目的で行ってきました。

国立ひたち海浜公園みはらしの丘のネモフィラ フィッシュアイレンズ撮影

友人の写真展に行った際に、写真仲間たちと話をしていて話題に上がったネモフィラを撮るのが目的で国立ひたち海浜公園に行ってきました。
それにしても、ネモフィラって花の名前がなかなか覚えられませんでしたが、今ではすっかり覚えています。

以前に国立ひたち海浜公園には、車で行ったことがありましたが、今回はGWの渋滞なども考慮してJR常磐線特急「ときわ」に乗っていってきました。
別の記事で行きに乗車したJR常磐線特急「ときわ」について書いてますのでこちらも是非ご覧ください。

新しいJR常磐線特急「ときわ」に乗ってみた。

最寄り駅のJR常磐線勝田駅からだと、大人1名片道400円でバスに乗れます。
帰りはバスに乗りましたが、行きは4人ということもあり、割り勘したら同じぐらいではないかということでタクシーで行きました。

思いがけずかかってしまうのも怖いので、一応乗るときに大体目安の料金をドライバーさんに聞いて乗りました。結果としては2160円でした。タクシーのメリットとしてはバス停までではなく、入り口近くのロータリー付近に付けてもらえるということです。

ネモフィラって何?見頃の時期など

国立ひたち海浜公園みはらしの丘のネモフィラ 多重露光作品

写真を見ていただくとどんな花かは一目瞭然ですが、秋に種をまくと春に青い花が咲き、花が終わると枯れる一年草です。

国立ひたち海浜公園のみはらしの丘のネモフィラは、4月下旬~5月中旬が見頃。ちょうどゴールデンウィークの大型連休の季節とかぶるので、大勢の人が訪れます。

私が行った5月の頭にはチューリップも一部遅咲きのものはキレイな状態で見れました。チューリップについては、また別の記事で取り上げるかもしれません。

写真を撮っていて思ったこと

ネモフィラの中の一輪のポピー

私が行った日は天気がとてもよくまたネモフィラのあるみはらしの丘は影になるところがありません。写真以外にも帽子を下部って水分補給のための水筒やペットボトルなどは持ち歩いたほうがいいかもしれません。

明るすぎて、撮ってる最中に液晶であまりはっきり写真の出来具合などが確認ず、露出が破綻していないかの確認はモニターででレベルをチェックしていましたが非常にわかりにくいです。

また、何を撮っても、他の人たちが撮ってるネモフィラの景色写真と変わり映えしないありきたりな写真になってしまうという気分になってテンションが落ちてきます(苦笑)

テンション高くて、物事に対して感度高いときの方が良い写真撮れる頻度が高いと思うので結構これは重要です。

今回は、ネモフィラをメインで撮っているはずなのに、ネモフィラの中にポツンと咲いているポピーが面白くてそちらを主役にして撮ってたり楽しんでいました。

国立ひたち海浜公園の詳しい情報など

敷地はとても広大で、遊園地みたいだったり、レンタサイクルがあって公園内を走り回れたり、ネモフィラコキアみはらしの丘があったり、いろんなエリアに分かれていいます。

家族連れで朝からいって終わりにはぐったり疲れきれるほど楽しめる施設だと思います。

入園には基本は有料で、大人410円、小中学生80円、65歳以上210円で入園できます。無料開園日などもあるので、開園スケジュールや季節によって変わる開園時間、またそのときに見られるお花の開花情報などは、下記の公式ホームページなどで確認してください。

また、夏フェス好きの方には、ROCK IN JAPAN FES.(ロッキンジャパン)の開催地としても有名ですね!

国立ひたち海浜公園公式ホームページ
http://hitachikaihin.jp/

公式Facebookページ
https://www.facebook.com/hitachikaihin

公式Twitter
https://twitter.com/HitachiKaihin_t

adsense

関連記事

カメラ散歩のときのシューズ

カメラ散歩のときどんなシューズを履いて出かけていますか? 僕はというと、なんとなく無印

記事を読む

すみだ水族館

スカイツリータウン内、じっくり楽しめる「すみだ水族館」

小規模ながらもじっくりと楽しめる水族館 東京の新名所となってからもう時は過ぎましたが、

記事を読む

足立花火

花火の写真の撮影にチャレンジしてみる(足立の花火編)

夏の花火シーズン初期に開催された足立の花火を撮影してきました。 2015年に東京都内で

記事を読む

ROPPONGI ART NIGHT 2016

六本木アートナイトで気軽にアートに親しむ。

六本木アートナイトとは? 生活の中でアートを楽しむというライフスタイルの提案、大都市に

記事を読む

KAIHINBEACH

海水浴場なんてあったの!?葛西海浜公園で海水浴を楽しむ。

海を見たい衝動に駆られて、葛西臨海公園に行ってみた。 ※2015年執筆の記事ですが、一

記事を読む

ICHIHARA ART X MIX2017

いちはらアート×ミックス2017の写真と雑感を一部紹介。

いちはらアート×ミックス2017の一部を見てきました。 カールステン・ニコライ:パララ

記事を読む

科学技術館

子どもも大人も楽しめる科学技術館

東京都内には科学を体験できる施設もいっぱい 都内にはたくさんの科学関係の展示・体験施設がある。

記事を読む

MOT Collection COLLECTION GOING

東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館 2017年現在、2018年度

記事を読む

carsten nicolai: Parallax

市原湖畔美術館でカールステン・ニコライ:Parallax パララックス展を鑑賞

カールステン・ニコライのパララックス展に行ってきました。 Twitterでフォロワ

記事を読む

SKYDECK

六本木ヒルズ森タワー屋上のスカイデッキで東京をグルリと見渡す!

森美術館の展示を鑑賞後、スカイデッキを体験 森美術館で開催されていた「ゴー・ビトゥイー

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

東京都現代美術館(MOT)は、長い改修工事を終え再オープンしています。

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑