東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

公開日: : 最終更新日:2017/07/20 お出かけ, 東京, 関東 ,

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

MOTアニュアル2016 キセイノセイキ 入り口詳細

2016年5月30日~、2018年度中(予定)にかけて、東京都現代美術館は、大規模な改修工事に伴い休館中です。

休館前の最後の展示には行ったのですが、会期中に記事が公開できず公開を見合わせていたのですが、リニューアル後につながればって思いこのエントリーを公開します。

東京都現代美術館の休館情報
http://www.mot-art-museum.jp/news/2016/05/post-135.html

キセイノセイキは漢字に直すと、規制の世紀

MOTアニュアル2016 キセイノセイキ

東京都現代美術館(MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO、MOT)にて、キセイノセイキ展をみた。
漢字に直すと、「規制の世紀」だ。

キセイノセイキ展示情報
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot-annual-2016.html

東京都現代美術館は、現在大規模な改修中で閉館となっている。改修前の最後の展示がキセイノセイキだ。

このブログでは、基本的には実際に体験してみてもらうことを主体しているので、記事の執筆が間に合わず、展示終わりや展示終了後担った場合はお蔵入りすることが多いのだけど、今回は所感なども絡めて公開します。

東京都現代美術館には、このブログでも取り上げているとおり、何度も足を運んでいます。

展示の入り口を入ると…

齋藤はぢめ《CLEAR》

女子高生の制服を着た女の子がスミノフアイスというアルコール飲料を飲んでる大きな写真が目に飛び込んでくる。

齋藤はぢめ《CLEAR》という作品だ。

実際のところ、法律で飲酒が問題ない20歳以上か、その女の子はどうなのか関係ない。年齢の判断が見た目でできない若い女性が女子高生の制服を着ているのが表現的に規制の対象になるのだ。
明らかに年齢が20歳以上に見える人たちが女子高生の制服を着ていてもたぶん、ネタにはなるけど規制対象にはならない。

ちょうどアフターヌーンに連載されている漫画「げんしけん二代目」でも、アニメ化するときは未成年の飲酒に見えるのは問題だよなってあえて批判するような表現を見たばかりだけど、一般的に大きく人の目に触れるオープンなメディアほど規制が激しい。

たった一枚の写真でいろいろ問題を投げかけれるっていうのは、芸術とその作家の力だと思う。
政治問題や世の中の風刺に時にはストレートに時にはアイロニカルに切り込めるのも芸術ならではと思う。

キャプションが想像を掻き立てる白い空間

藤井光 氏の作品

白い空間にキャプションが並んでいて、展示物本体らしきモノが見当たらない。藤井光《爆撃の記録》という作品。

戦争時の爆撃の記録物を説明したキャプションだけが並んでいる。もちろん、プロジェクションマッピングで後から作品を流し込むのではない。

見えないんだけど、キャプションを眺めているとそこにものがあるように感じる言葉と空間の力が発揮された不思議な展示物でした。

キセキノセイキ展の展示物たち

橋本聡《吊るした手錠》

よじ登って向こう側に行ってはいけないフェンスや、橋本聡の作品群、天井から釣り下がった手錠、本来はクリアケースにいれないけど展示の安全上いれなければならなくなった包丁など、展示するのにも葛藤があるような展示が多かった。

橋本聡《抽象直接行動198の方法(仮):金網フェンス》

全体的に、少しクローズドな空間で多彩な表現が許される美術館でも、少人数で承諾書核ぐらいじゃないと、安全性など考えるとこれぐらいの制限はいるんだなぁっていうのが残念かつ考えされられました。写真を下部のギャラリーに掲載しますので、それからなにか感じ取っていただければ嬉しいです。

東京都現代美術館の詳細情報は…

2018年度中の再開を目指して現在大規模改修工事中です。
詳しいオープン時期は公式サイトをごれんらください。

http://www.mot-art-museum.jp/
http://www.mot-art-museum.jp/news/2016/05/post-135.html

リニューアル後の東京都現代美術館でもすばらしい作品が見れるのを楽しみにしています。

関連記事
東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事
「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」を体験してきました。

adsense

関連記事

大谷資料館

神秘的で巨大な地下空間、大谷資料館

まるでRPGのダンジョン!?大谷資料館 宇都宮の近くにある大谷石地下採掘場跡にある大谷

記事を読む

科学技術館

子どもも大人も楽しめる科学技術館

東京都内には科学を体験できる施設もいっぱい 都内にはたくさんの科学関係の展示・体験施設

記事を読む

企画展「TeNQ×ウルトラマン」に変更を機に再びTeNQ(テンキュー)へ。

企画展の変更に伴い再度TeNQ(テンキュー)へ オープン当初からの企画展が終わり、初代

記事を読む

砂の城

砂のお城を本気の大人が作ってみる

子供だましじゃない本当にお城っぽい 数年前の夏に砂のお城をつくる会の方と一緒に砂のお城

記事を読む

panpx

起業ブレスト会Panpxに参加してみる。

起業ブレスト会Panpx(パンピクス)に参加しました。 起業家であり、世界各国の写真を

記事を読む

コンテンポラリーダンスを中心とした舞台をみる。そして踊りたくなる。

北千住駅徒歩5分、団地の中にただずむダンススタジオ AAPA(アアパ / Away A

記事を読む

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社と藤棚

日本三大稲荷!?の笠間稲荷へ この記事を書くにいたって笠間稲荷に宣伝文句に日本三大稲荷

記事を読む

たまには別の道

たまには別の道を通ってみる

最寄り駅まで回り道してみる いつもより15分早く家を出て、少し遠回りになっても他の道を

記事を読む

NACT_ARTLIBRARY

新国立美術館アートライブラリーにふと立ち寄ってみる。

新国立美術館3Fにあるアートライブラリー 新国立美術館には展示施設やカフェ・ショップな

記事を読む

千本鳥居の伏見稲荷大社

千本鳥居で有名な伏見稲荷 昨年の夏、京都大作戦という10FEETというアーティストが主

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑