新国立美術館アートライブラリーにふと立ち寄ってみる。

公開日: : 最終更新日:2016/10/26 お出かけ, 東京, 関東 , ,

新国立美術館3Fにあるアートライブラリー

新国立美術館アートライブラリー入り口

新国立美術館には展示施設やカフェ・ショップなどの他に3階にアート・美術に特化した図書館「アートライブラリー」があります。
今まで何度も新国立美術館には行っていたのですが、僕自身は存在を知らなくて、文化庁メディア芸術祭を見に行った際に見つけて立ち寄ったので紹介します。

新国立美術館のイメージとしては六本木にある印象ですが、最寄駅としては東京メトロ日比谷線の六本木駅より、千代田線の乃木坂駅の方が便利です。6番出口からだと美術館の建物と直結していて天気の悪い日でも濡れずに美術館に入れます。

アート書籍・展覧会情報に特化した図書館

新国立美術館アートライブラリー正面

写真・美術・建築・マンガなどのメディア関係など写真集・美術資料など沢山の書籍がきれいな館内にところ狭しとならんでいました。
一般的な自治体の図書館ではなく、基本的に開架でどなたでも閲覧することはできますが、蔵書を借りていくことはできません。

蔵書数は、公式ホームページによると2013年3月末現在で、展覧会カタログが約9万冊、図書は約3万6千冊、国内外の雑誌は約2千タイトル、美術館の年報など約900タイトル、きっと現在はもう少し増えていると思います。

閲覧時に使用できる椅子や机などざっと数えてみましたが、全部で約20席程度の閲覧席がありました。

大きな展示会の開催されている土日で賑わっていた日でしたが、席にも多少余裕がありましたので、よほどのことがない限り込み合っていることはなさそうです。

変わったところといえば、国立新美術館の現在の展示に即したコーナーがあり、訪問時は文化庁メディア芸術際が行われていたこともあり、過去から現在の文化庁メディア芸術祭のガイドブックが展示されておりました。

雑誌は、オーストラリアのデザイン雑誌などもあり、以前取り上げた日比谷図書文化館より種類が多いと思いました。
かなり雑誌についてはかぶっていたので、雑誌が目的の場合はアクセスなど考えて、日比谷図書文化館と使い分けるとよいと思います。

過去の参考記事:
日比谷図書文化館で気軽にアート雑誌を楽しむ。

アートライブラリー別館について

アートライブラリーには、昭和45年以前の資料を保存し、取り扱っている別館が新国立美術館の敷地内、正門近くにあります。
私の訪問日は休館日だったため中には入れなかったのは残念です。アートライブラリーと別館では開館日・時間等が異なるので注意が必要です。

また、公式ウェブサイトの情報によると、入室時には記名が必要で、図書館資料の盗難などの保護のためと考えられますが、国立国会図書館と同様に手荷物やバッグはロッカーに預けて、館内では貴重品等のみ透明ビニールバッグに入れて持ち運ぶようです。

また、機会があれば、別館については追記しようと思います。

開館日時・場所・休館日などの詳しい情報

新国立美術館外観

開館、正確には開室日時ですが、2015年2月現在下記の通りです。

開室日時:月・水・木・金・土・日曜日・祝日 11:00 – 18:00
休室日:火曜日(祝日の場合は開室)、年末年始、美術館休館日、特別整理期間
※別館は、土・日・祝日もあわせてお休みです。

特別整理期間などもあるので訪問前には下記のWebサイトで確認をおすすめします。
http://www.nact.jp/art-library/

住所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/information/access/

新国立美術館3階ベンチ

また、新国立美術館の館内は天井も非常に高く開放的で、ベンチやゆったりとしたチェアなどたくさんの休憩できる場所があるので、六本木周辺に散歩した際に立ち寄ってぼーっとするのもおすすめです。

写真活動をしていると、写真つながりの方からFacebookやTwitterなどに写真が流れてきます。
新国立美術館の1階はとてもフォトジェニックな場所で、人物のシルエットを写した写真をよく見かけます。

ガラス張りで日の光が刻々と移り変わる空間なので、写真が好きな方はきっと楽しいはず!
東京ミッドタウンなど近隣にお越しの際にも是非お立ち寄りください。

adsense

関連記事

京都市中央卸売市場第一市場

京都市中央卸売市場第一市場

京都に泊まった日、朝ごはんを求めて市場に向かった 京都のゲストハウスに泊まった朝、京都

記事を読む

絶景イメージ写真(多重露光写真)

死ぬまでに行きたい絶景に生きてるうちに行く方法

バイラルメディアでよく見かける死ぬまで行きたい絶景系記事 「死ぬまでに行きたい○○の絶景」

記事を読む

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然

落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗いてきました。

記事を読む

大谷資料館

神秘的で巨大な地下空間、大谷資料館

まるでRPGのダンジョン!?大谷資料館 宇都宮の近くにある大谷石地下採掘場跡にある大谷

記事を読む

fontlovers

フォント好きな人のためのイベントFontLovers #1に参加してきました。

FontLovers #1に参加してきました。 なかなかレポートが書けなくて、もう昨年のことに

記事を読む

TeNQ

オープンから1周年!宇宙ミュージアムTeNQを再び体験してきた。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)はオープンから一周年! 約1年前のオープンすぐに

記事を読む

足立花火

花火の写真の撮影にチャレンジしてみる(足立の花火編)

夏の花火シーズン初期に開催された足立の花火を撮影してきました。 2015年に東京都内で

記事を読む

お茶の間ゲストハウスとカフェ

千葉県勝浦市の「お茶の間ゲストハウス」に泊まってみる

千葉勝浦の「茶の間ゲストハウス」に宿泊してきました 写真仲間が行ってみたいね!って紹介

記事を読む

めんたいパーク大洗で出来立ての明太子を食べる!

明太子で有名な「かねふく」が提供する明太子のテーマパーク できたての明太子が試食出来る

記事を読む

国立国会図書館

書籍が一堂に集まる国立国会図書館

子供のころ父親に教えてもらった国会図書館 中学生から高校生のころ、に父親から日本で発行

記事を読む

adsense

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然
落合陽一個展「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展でテクノロジーとアートを楽しむ。

メディアアーティスト・現代の魔法使いとして有名な落合陽一さんの個展を覗

1m_fotos
写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』のご案内

池田正和 写真展『身長1メートル以下の頃の世界 vol.2』の

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑