シンプルで盛り上がるカードゲーム「ゲシェンク(GESCHENKt)」をやってみる。

公開日: : 最終更新日:2016/04/11 その他, 子供と楽しめる ,

ドイツのカードゲーム「ゲシェンク(GESCHENKt)」

GESCHENKt(ゲシェンク)パッケージ

今回は、ドイツのカードゲーム「ゲシェンク(GESCHENKt)」の紹介です。
こちらも、以前紹介した6Nimmit(ニムト)と同じく日本語解説付きはメビウスゲームズさんから発売されています。

所要時間は1ゲームたった20分程度で気軽に始められる。3~7人で対象年齢は8歳以上です。
カードは、3~35の計33枚、チップは55枚の結構シンプルな構成。

私は、普段家族や友達たちと、軽くカードゲームで遊びたいときによく遊んでいます。

関連記事:
牛をたくさん引き取ったら負け!?カードゲーム「ニムト(6nimmt)」を楽しむ。
心理戦が楽しいカードゲーム「ごきぶりポーカー」で遊んでみる。

ゲームの簡単なルール

GESCHENKt(ゲシェンク)中身

プレイ人数が3~5人の場合は11枚、6人の場合は9枚、7人の場合は7枚おのおのにチップを配る。
あまったチップは使わず、箱の中に戻してしまっておきます。

3~35の数字が書かれた計33枚のカードをシャッフルして、9枚のカードをカードの中身の数字を見ずに箱の中に戻しておきます。

残る24枚のカードを裏向きのままでシャッフルして、テーブルの中央に配置します。

プレイヤーの順番決めて、カードとコインを引き取って、次のカードをめくるか、コインを一枚出して次のプレイヤーに交代しながら、カードがなくなるまでプレイします。

引き取ったカードが連番になった場合は一番少ないカードのみ得点にカウント、例えば、12・13・14のカードを引き取った場合は、12だけカウント、それ以外のカードの得点は無視される。

コインは逆に得点をマイナスに相殺できて、最後に合計得点が少ないプレイヤーが勝利する。

ゲシェンクの面白いところ

GESCHENKt(ゲシェンク)プレイ中

ゲーム前にカードを9枚引き抜くことによって、カードの連続性が保証されていないので待っても来ないカードがあるので、間が空いたカードを引きとるのはそれなりにリスクがあり、ギャンブル性がある。

プレイヤーは人間なので単純に損得勘定だけで動かないので、自分にとって意外なタイミングで引き取られることがある。

ゲーム時間は、たった20分!ルールも単純で1回通して遊んだら気軽に理解できるので、何回もプレーしやすい。

ゲシェンクを楽しむコツ

何回かやってみて、一緒に対戦しているメンバーにもよるけど、私が思った基本的なプレーのコツは以下の通りです。

自分が既に引き取っている連番のカードが場に出ている場合は、他のプレイヤーからできるだけコインを集めてから、カードを引き取るとメリットが大きい。

ただ、他のメンバーも連番のカード持っている場合やコインが少ない人がいる場合は、先に引き取られる場合もあるので注意が必要!

プレイヤーのなかには、損得の計算を無視して、積極的に引き取る直感プレイ的なプレイヤーもいたりするので、論理的な思考だけでは上手くいかない。

基本的には、コインをある程度手元に残して、強制的に引き取らなければならないリスクを省きながら、ある程度引き取るのは前提にして、コインがたまらないうちに大きな数字のカードを引き取らないように進めていけば安定して勝ちにいけると思います。

まずは、あんまり考えないで何度か遊んでみるのがいいと思います!

adsense

関連記事

大谷資料館

神秘的で巨大な地下空間、大谷資料館

まるでRPGのダンジョン!?大谷資料館 宇都宮の近くにある大谷石地下採掘場跡にある大谷

記事を読む

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立ち寄る機会があったので名古屋市

記事を読む

砂の城

砂のお城を本気の大人が作ってみる

子供だましじゃない本当にお城っぽい 数年前の夏に砂のお城をつくる会の方と一緒に砂のお城

記事を読む

呼吸を1・2と数えるだけ!簡単な瞑想をしてみる。

いつでも簡単にできる簡単な瞑想法を紹介 今回は新しい体験として、僕が昔からやっているい

記事を読む

TOKYO DOME CITY

東京ドームシティウインターイルミネーション2015を楽しむ。

TOKYO DOME CITY Winter Illumination 2015に行ってきました。

記事を読む

fontlovers

フォント好きな人のためのイベントFontLovers #1に参加してきました。

FontLovers #1に参加してきました。 なかなかレポートが書けなくて、もう昨年のことに

記事を読む

SPACEEXPO

SPACE EXPO 宇宙博2014を体験してきました。

2014は宇宙関係の展示が目白押しですね! そんなわけで先日体験した宇宙ミュージアムT

記事を読む

TeNQ

オープンから1周年!宇宙ミュージアムTeNQを再び体験してきた。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)はオープンから一周年! 約1年前のオープンすぐに

記事を読む

太陽系の秘境展

大人も知らない場所へ行こう「太陽系の秘境」展を体験してきました。

TeNQの出口近くに張ってあったポスターを見て TeNQの出口近くに「大人も知らない場

記事を読む

SPACEXART

「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」を体験してきました。

2014年夏の宇宙関連イベント体験 第3弾! 「宇宙ミュージアムTeNQ(fotos.

記事を読む

adsense

名古屋市科学館で楽しみながら科学を体験

名古屋市科学館に行ってきました。 先日、名古屋にすこし立

MOT Collection COLLECTION GOING
東京都現代美術館COLLECTION ONGOING(休館前の最後の常設展)

2017年現在大規模リニューアル工事中の東京都現代美術館

東京都現代美術館(MOT)のキセイノセイキ展とリニューアル改修工事

2017年現在、東京都現代美術館(MOT)は、改修工事中

赤福本店で赤福を食べて、おかげ横丁でお祭り気分。

いつも賑わいを見せている「おかげ横丁」 伊勢神宮内宮への

ICHIHARA ART X MIX2017
いちはらアート×ミックス2017の写真と雑感を一部紹介。

いちはらアート×ミックス2017の一部を見てきました。

→もっと見る

  • Twitterで更新情報など流しております。
    ぜひ、皆様フォローをおねがいします。
PAGE TOP ↑